三ヶ月で10sのダイエットに成功した方法について

三ヶ月で10sのダイエットに成功した方法について

私の体験談ですが、元日から始めて、三ヶ月で10sのダイエットに成功しました。
その方法についてご紹介したいと思います。

 

太る原因は人それぞれだと思いますが、私の場合はストレスから来るものだと思います。口寂しくなり、つい甘いものを口にしてしまう。

 

夕飯まで少しの時間でも食べてしまう。そんな状態を続けるとウエイトは増える一方でした。知り合いから「太ったね」「顏がパンパン」と言われ、これがダイエットを後押しする原動力となりました。とはいえ日常生活に影響のない程度でどうやるか。考えた結果は、「夕方だけダイエット」です。夕方、仕事に帰ってから就寝までの間だけダイエットについて考える。これならば四六時中ダイエットばかり考え、ストレスが増えてしまうということが軽減できると考えました。

 

朝・昼はいつも通り食べて生活します。帰宅後夕食は少なく、私の場合はコンビニの一品料理で済ましました。通常これだけでも減量出来ると思いますが、私の場合は甘えが有り、帰宅途中でちょっと甘いものを食べてしまうので、少し運動を入れました。一品料理を食べた食後に1時間程度の散歩を加えました。

 

歩いて20分程で代謝が上がると言われていますので、それからの一頑張りが重要です。私の場合は早歩きとちょっとしたジョギングを加えました。走ることは苦手なので、時間的には5〜10分程度、あとは早歩き程度で行ないます。帰宅後、代謝が上がっている状態の内に少しのストレッチを行います。腹筋は苦手なので少し状態を起こした状態で数十秒静止して、戻す。

 

これを数回繰り返し5分程度行います。そしていい感じで汗をかいたら終了。お風呂でサッパリしましょう。そしてお風呂上りに必ず体重計に乗ります。これが重要です。一日の体重は日々変化するようですが、体重を知ることでモチベーション維持につながります。最近の体脂肪計は体重の他に体脂肪・肉体年齢など測定できるものが有りますので、体重計を見て一喜一憂しながら続けていけば効果が上がると思います。これらを繰り返すことで、無理なく3か月程度でかなりの効果が得られます。

 

私はダイエット前にスポーツジムに通っていましたが、週に1回通うのがやっとでしたので、なかなか効果が出ない状況でした。お金を掛けずに少しの我慢と少しの時間で大きな効果が得られます。大事なのは夕飯は遅く食べないこと、寝る3時間前が理想的と言われていますが、残業などで忙しいかたは難しいかもしれません。でも一番インパクトが有るのが寝るまでの食事法ですので時間と摂取カロリーを気にしながら、ダイエットに励んで下さい。私の体験談ですが、体重が減ると血圧も下がり、コレステロールも同時に下がりました。今では昔のズボンより落としすぎ、ワンサイズ小さいものを履くようになりました。頑張りすぎず、頑張りましょう!