かなり悪化したニキビじゃなければ数日で目立たなくなる対策

かなり悪化したニキビじゃなければ数日で目立たなくなる対策

ニキビ跡が残らないようにするためにはニキビができたとき正しい治し方をしなければなりません。ニキビができるとかゆみが出ることも多いためついつい触ったり爪をあててしまうこともありますが、触る程度でもニキビに雑菌がつきます。

 

もちろん空気中にも多くの雑菌がいます。指で直接ニキビに触らなくても空気にあたっているだけで雑菌がつきます。しかし手指には空気の中の雑菌とは比較にならないほど多くの雑菌がついているためニキビに触ると化膿しやすいのです。化膿したニキビは化膿していないニキビより治るまでに時間がかかります。

 

時間がかかっても跡形もなくキレイに治ればいいですが、多くの場合化膿したニキビはキレイに治りません。化膿したニキビはどうなるかといえばニキビ跡になりやすいのです。ニキビ跡というのはわかりやすく言えばそばかすやシミのようなもの。こうなってしまうと一生ニキビ跡と付き合っていくことになる可能性もあります。

 

ニキビ跡にならないようにするにはニキビができたら触らないこと。ニキビ治療薬を塗るときは手を石鹸できれいに洗うこと。薬用石鹸を使った方が除菌効果があるので普通の石鹸を使うより手指を清潔にできますね。キレイになった指先にニキビ治療薬を少量取り、ニキビ全体に塗ったら少しだけニキビからはみ出すように塗り広げます。

 

ニキビだけに薬を塗るよりニキビから少しはみ出すように薬を塗る方が引きが早いです。薬を塗りすぎると埃がつきやすいので量は適量が良いですね。少なくもなく多くもなく、無理に塗り込むんじゃなくてやさしく塗り広げる感じ。

 

この治療を続ければかなり悪化したニキビじゃなければ数日で目立たなくなりますよ。悪化してしまったニキビは無理に治療薬を塗らず皮膚科で診てもらいましょう。病院で出す薬は市販の薬より良く効きます。ニキビの状態をよく見て、自分で治療できるのか皮膚科へ行くべきなのかそこも間違わないようにしましょう。