ネバネバ系の食品が体に良い理由

ネバネバ系の食品が体に良い理由

ネバネバ系の食べ物の代表は何といっても納豆です。好き嫌いの分かれる納豆ですが、体によいとのは誰もが認めるところです。

 

納豆以外でも、オクラや山芋、キノコ類(中でもナメコ)など、野菜の中でもネバネバ系のものはやはり体によいと言われています。その理由は、これらの食品が含む繊維が、水溶性食物繊維だからです。繊維質を摂るために食べるべき食品は野菜…というのは正しい認識ではありますが、多く野菜に含まれる繊維は主に不溶性食物繊維なのです。

 

その名のとおり、水に溶けにくく、胃や腸の中で水分を吸収して膨らみ、胃や腸の壁に刺激を与えてお通じを促す効果があります。胃の中で膨らむため、満腹感があることでも、野菜を食べることがダイエットにつながるのです。一方の水溶性食物繊維は、水に溶けるため体内でゲル状になります。ゲル状になった水溶性食物繊維は、老廃物などの有害物を包み込んで体内への吸収を妨げ、そのまま体外への排出を促してくれるのです。その他、水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を抑制する。

 

食後の急激な血糖の上昇を防ぐブドウ糖の吸収速度を遅くして、食後の急激な血糖の上昇を防ぐため、糖尿病の予防に効果がある。ナトリウム(塩分)を排除して血圧を下げるので高血圧を予防する。動脈硬化を予防する。などなど、体にとっては本当に頼りになる働きをしてくれます。水溶性食物繊維を多く含むかどうか、判断の目安のひとつが、食物のネバネバ度というわけです。先にあげたオクラ、山芋、キノコ類の他、にんにく、ユリ根、菜の花などの野菜、果物ならアボガドやレモン、そして海藻類が水溶性食物繊維を多く含んでいます。

 

意外なところではゴボウ。一見不溶性食物繊維たっぷりの野菜のように思えますが、ゴボウは水溶性が豊富です。こうして見てみると、和食によく使われる食品が多いことに気が付きます。和食が健康によいのはこんなところにも理由があるのかもしれません。