毛穴汚れを落としたい時に顔をゴシゴシ洗ってはいけない3つの理由

毛穴汚れを落としたい時に顔をゴシゴシ洗ってはいけない3つの理由

毛穴汚れが気になって、角栓や黒ずみを落としたいと思った時に、ついついやってしまうのがクレンジング剤や洗顔フォームを使ってゴシゴシと顔を洗ってしまうことではないでしょうか。
顔をゴシゴシと強く洗うと、毛穴汚れなどが綺麗になった気がしますが、実は毛穴汚れを悪化させる原因となっている場合があります。
毛穴汚れを落としたい時に顔をゴシゴシ洗ってはいけない3つの理由について説明します。

 

毛穴を広げてしまう

 

顔をゴシゴシ洗って、無理やり角栓を除去したり、顔のテカリや毛穴汚れを落とそうとすると、摩擦によって毛穴を広げてしまう可能性があります。
一度広がってしまった毛穴は、また再び元の引き締まった毛穴に戻すことは難しいと言われているため、なるべく力を入れないで洗顔やクレンジングを行って、毛穴を広げないように注意しなければなりません。
毛穴汚れが気になる気持ちは分かりますが、毛穴汚れよりも毛穴の広がりの方がよっぽど肌を汚くみせるため、顔をゴシゴシ洗わないで優しく洗うように心がけましょう。

 

デリケートな肌にダメージを与えてしまう

 

顔の肌は、思っている以上にデリケートで、ダメージを受けやすいものです。
過度な摩擦や刺激を与えるとシミやシワの原因になったり、肌を乾燥させたりして、老け顔へとなる要因にも繋がります。
毛穴汚れを落とすためにゴシゴシと顔を洗っても毛穴汚れがすっきり落ちる訳ではないので、毛穴汚れがすっきりしないのに加えて、老け顔に近付く行為をしていると考えたら、顔をゴシゴシ洗う行為は今すぐ止めるべきだと気付くはずです。
デリケートな肌を守って、いつまでも綺麗な肌を保ちたいのならば、優しく肌を洗いましょう。

 

必要な皮脂が落とされて皮脂が過剰分泌してしまう

 

肌には適度な皮脂が必要です。肌のうるおいを保ったり、皮脂の分泌量を正常に保つのにも、適度な皮脂は必要なのです。
そんな皮脂を、顔をゴシゴシと洗うことで全て洗い流してしまうと、皮脂の分泌量のバランスが崩れて、大量の皮脂が分泌されてしまいます。そうなると、過剰分泌された皮脂が毛穴詰まりの原因となったり、ニキビや毛穴汚れ、毛穴の黒ずみの原因にもなってしまいます。
そうならないためにも、顔をゴシゴシと洗うのではなく、適度な力加減で洗うのが良いのです。

 

毛穴汚れを落としたい時に顔をゴシゴシ洗ってはいけない3つの理由 まとめ

 

毛穴汚れや毛穴詰まり、毛穴の黒ずみが気になると、それらをどうにかしたいと思って顔をゴシゴシと洗いたくなる時があります。ですが、顔をゴシゴシと洗うことは、デメリットはあってもメリットはありません。
毛穴汚れは肌を清潔に保ち、保湿をしっかり行って、肌に刺激や摩擦を与えなければいずれ綺麗になります。
正しい洗顔を行って、毛穴汚れや毛穴トラブルのない肌を手に入れましょう。