乾燥性敏感肌に効果的な生活習慣やスキンケア方法 4つ

乾燥性敏感肌に効果的な生活習慣やスキンケア方法 4つ

"冬は乾燥の季節です。一日中暖房の付いている部屋で過ごすと、お肌の水分が失われて乾燥しますよね。
そして乾燥が進むと、お肌がヒリヒリして化粧水やクレンジングが染みてしまうこともありませんか?
それは、乾燥性敏感肌かもしれません。
ここでは乾燥性敏感肌に効果的な生活習慣やスキンケア方法をご紹介します。

 

乾燥性敏感肌とは
乾燥性敏感肌とは、乾燥により肌のバリア機能が低下してしまい、肌の水分がどんどん逃げ、肌が炎症を起こしてヒリヒリしたり、痒みや赤みが出てしまうお肌のことです。

 

乾燥性敏感肌の原因
乾燥により肌のバリア機能が低下するため、乾燥や刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起こりやすくなってしまうからです。
つまり、肌のバリア機能を強化することにより、乾燥性敏感肌は改善することができます。
それでは、どのようにしたら肌のバリア機能を強化することができるでしょうか?

 

1 十分な睡眠をとる
十分な睡眠は、美肌になるために重要です。なぜなら、睡眠時に「成長ホルモン」がたくさん分泌されるため、肌の修復など新陳代謝が活発になるからです。
成長ホルモンをしっかり分泌するためにも、早寝早起きを心がけましょう。

 

2 食生活に気をつける
肌のターンオーバーを正常化させるのに大切な食べ物は、次のような食べ物です。
・タンパク質(肉、魚、卵、大豆製品、乳製品)
・オメガ3系脂肪酸(サンマ・サバなどの青魚、亜麻仁油、えごま油など)
・β-カロテン(かぼちゃ、春菊など)
・ビタミンB(豚肉、納豆、マグロなど)
・ビタミンC(イチゴ、キウイなど)
・ビタミンE(アーモンド、アボカドなど)
・アントシアニン(なす、紫キャベツ)

 

3 洗顔に気をつける
洗顔の時は、お湯で洗っていますか?それとも水で洗っていますか?
洗顔の時に体温より熱いお湯で洗ってしまうと皮脂の取りすぎるため、乾燥を招いてしまいます。乾燥を防ぐには、32度?33度のぬるいお湯で洗いましょう。
また、メイクを落とすクレンジングには、合成界面活性剤が含まれています。この合成界面活性剤が、肌のバリア機能を破壊してしまう原因になっています。
クレンジングの中で、最も合成界面活性剤が含まれているものは、オイルクレンジングです。
クレンジングの際には、合成界面活性剤の量が少ない、ミルクタイプやクリームタイプを使うようにしましょう。

 

4 保湿をする
冬になると、一日中暖房の効いた部屋にいることが多くなります。乾燥を防ぐために、ぜひ加湿器を使用するようにしましょう。
また、乾燥がひどい時におすすめなのが、ラップパックです。化粧水を普段より少し多めに肌になじませたあと、ラップを顔に貼り、10分ほどパックします。その後、乳液やクリームで蓋をするだけで、潤いのあるお肌が手に入ります。

 

いかがでしたか?肌のバリア機能を強化することで、乾燥性敏感肌を改善できます。
生活習慣やスキンケア方法に気をつけて、美肌を維持していきましょう!"