美しい髪を維持するために気をつけるべきこと

美しい髪を維持するために気をつけるべきこと

男女問わず、年齢とともに髪は少なくなり、また、ハリやツヤも減少していきます。

 

しかし、美しい髪をいつまでもキープすることができれば、外見的な若さを保つことができます。美しい髪を維持するために気をつけるべきこととは一体何なのでしょうか。

 

まず、シャンプーにこだわることです。市販のシャンプーには、値段が安くなればなるほど石油系の界面活性剤が含まれていますが、この界面活性剤は、頭皮にとって極めて多くの悪影響があります。幼少時の場合は比較的影響は出にくいですが、30代、40代になり新陳代謝が低下してくれば、界面活性剤の影響を大きく受けてしまい、最悪の場合は脱毛にもつながってしまいます。そこで、費用は少しかかってしまいますが、界面活性剤が入っていないシャンプーを利用することによって、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えることが重要です。

 

次に、常に頭皮を清潔な状態に保つことです。特に、夜の入浴を欠かさないことが美しい髪を維持するためには極めて重要です。一日の活動を終えた時点では、頭皮にはたくさんの汚れが付着しています。皮脂はもちろん、花粉、ホコリ、その他もろもろの有害物質が溜まっています。これらの物質を除去しないまま就寝してしまうと、一晩中頭皮にダメージを与えることになってしまいます。そうならないためにも、どんなに疲れていてもシャワーを浴びて髪と頭皮を清潔な状態に保ち、可能であれば入浴をして付着した汚れをしっかり除去してから就寝したいものです。

 

最後に、髪に対するお手入れをなるべく減らすことです。定期的にシャンプーをするだけで、髪や頭皮の汚れは十分に落とすことができます。最近は、男女問わず、必要以上に髪に対するお手入れをしてしまい、かえって髪を痛めてしまうことも多く見受けられます。代表的には、必要以上のカラーリング、パーマ、編み込みのヘアスタイル、過度にヘアワックスを塗布する、などです。これらのヘアアレンジは、髪や頭皮に対してストレスを与えるだけではなく、物理的にも髪を強制的に引っ張ることによって脱毛の原因になる可能性があります。したがって、原則としては、本来自らが持っている髪の色や髪質を大切にして、必要最小限のアレンジで抑えることが重要です。