ほうれい線ができる7つの原因とその対処法

ほうれい線ができる7つの原因とその対処法

ほうれい線の原因は、パソコンやスマホの普及、食生活や睡眠などのライフスタイルの悪化、乾燥や紫外線などの外部環境の影響、骨格や体型などの遺伝や体質、頬杖や片側噛みなどの生活のクセ、顔の筋肉の衰え、仕事や人間関係のストレスなど様々なものが複雑に絡みあっています。

 

 

最近はなんと若い人にもほうれい線ができています。原因はパソコンやスマホの普及。特にスマホは高校生はほぼ持っており、暇があればスマホでSNSやインターネットなどを楽しんでいます。スマホを持つとどうしても顔がうつむき加減になります。大人も今や仕事にパソコンはかかせまん。長時間、無表情でディスプレイを眺めることで、目の周りだけでなく顔全体の筋肉が硬くなり、筋肉の動きが悪くなります。頬がたるみ、首や肩がこり、ストレスで頭皮も硬くなります。頭皮を揉むように動かしたとき、顔の皮膚が一緒に動かなければ注意か必要です。デジタル機器は一定時間使用したら適度な休憩をはさむようルールを作ることが大切です。

 

 

 

肌は自分の食べたもので作られます。野菜やコラーゲンの材料になるものなど栄養バランスの良い食事をしましょう。暴飲暴食をせず腹八分目に。昔から、お肌は腸の鏡といわれます。便秘の人は食物繊維の多い食べ物をとりましょう。
特に、22時から24時の睡眠は美肌が作られる美肌タイムといわれています。この時間にはお布団に入りましょう。睡眠不足は肌の水分量を低下させます。

 

 

冬の乾燥や夏の紫外線に対する外からの保湿ケアも大事です。乾燥や肌のたるみ、肌のハリの低下など、自分の肌質にあった化粧品を選びましょう。

 

 

ほうれい線のできやすさは骨格や体型といった遺伝的要素にも左右されます。猫背や前傾姿勢、エラの張りなどです。また、目鼻立ちがはっきりした人や鼻筋が通っている人も、顔の動きに皮膚が引っ張られ激しく動くためほうれい線ができやすいです。
丸顔で二重あご、頬に柔らかいお肉がついている人、逆にやせた人でもほうれい線が目立つこともあります。

 

 

生活のクセには、横向きの寝方、頬づえ、片側噛み、口が半開きなどがあります。

 

 

いつも頬づえをしていると、手で押さえられた顔の脂肪が移動し支持組織が間延びしてしまうからです。また、ポニーテールばかりしている人、ダイエットのリバウンドを繰り返している人も皮膚がたるんでいるのでほうれい線ができやすくなります。

 

 

頬の筋肉の衰えにはマッサージが有効です。 ほうれい線を消すには、?の周りだけでなく、側頭部や耳の周りまでマッサージが必要です。さらに、首から肩にかけてリンパが流れるようマッサージします。最後は、ストレスの発散、お好きな方法で励んでください。