20代以降の大人ニキビの原因はホルモンバランスや生活習慣の乱れ

20代以降の大人ニキビの原因はホルモンバランスや生活習慣の乱れ

10代の頃に発生するニキビの主な原因は、過剰な皮脂の分泌です。ですが、20代以降の大人ニキビの原因は、ホルモンバランスや生活習慣の乱れが主なものなのです。ですので、大人ニキビを防ぐには、日々のケアを頑張ることに加えて、規則正しい生活習慣を身につけることが大切になってきます。

 

特に食生活は大切です。食生活は「肌を写す鏡」といっても過言ではありません。まず、旬の野菜やフルーツにはビタミンやミネラルなどの栄養素がたっぷりと含まれています。例えば、ビタミンCには炎症を抑える効果、ビタミンB群には皮脂をコントロールする効果があります。ビタミン・ミネラルを積極的にとり入れることは、肌のバリア機能を高めることにもつながりますので、心掛けたいものです。

 

また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品には腸内環境を整えたり、免疫力を高める効果があります。肌効果の高いビタミンCやB群も豊富です。慢性的な便秘はニキビの大敵とも言えますので、こちらも積極的にとり入れて腸内ケアをしましょう。加えて老廃物を流す効果のある食物繊維も摂取すれば、一層、効果的です。

 

ついつい女性がしてしまいがちな、甘いものの食べ過ぎも厳禁です。私達の体は糖分を消化しようとするときに、ビタミンやミネラルを消費してしまうからです。チョコレートや生クリームなどの洋菓子は脂肪分も多いですので、皮脂が過多になってしまう可能性があります。
ですが、どんなに生活習慣に気を遣っていたとしても、大人ニキビが出来てしまうこともあると思います。

 

そういった場合、爪などでつぶしてしまうのは良くありません。つぶした部分から雑菌が入ってしまい、ニキビの悪化につながってしまいます。どうしても気になって仕方がないときは、皮膚科を受診してみるのも良いと思います。自分でケアをするのであれば、コットンにたっぷりと低刺激の化粧水をとり、なでるように保湿してあげるのがベターです。ニキビは肌が炎症を起こしている状態ですから、こすったりしてはいけません。優しいケアであれば、ニキビの悪化を防ぐことができますよ。